上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
日々つれづれ | 2006/04/20(木) 02:25
最近、眠いんですよ。
あ~、最近というか、いつも眠いとか言っている気もしますが、とにかく眠くてメールの返信しよう、とかそういうのが眠気に負けてしまいます(汗)。
日記なんぞ書かずに、そう言うことに時間を使えばいいのでしょうが…ああ、時間の使い方下手で方々に迷惑掛けている管理人です。

日記も、すっかり日付が変わってしまってからの記事になってしまいました。
で、19日(昨日、でも気分はまだ「今日」)やっと髪を切りに行きました。
いつもは地元の美容院に行くのですが、おも~くなってしまってスタイリングもきまらないし、週末も行けるか怪しいので、会社から近めの場所で切って貰うことにしました。
まぁ、美容院が数多く軒を連ねる原宿で探してみたわけですよ。
初めてのお店って言うのは、なかなか何処にするか決められないモノですなぁ。
散々検索して、候補を4店ぐらいに絞り、結局会社の人が昔行ったことがあるというお店に行ってきました。カラーリング専門の人とかがいて地元で通っているお店との違いを楽しんできました。ヘアカットも長さはそんなに変わってないけど軽めにカットしてもらい、スッキリした!よしよし。
このお店もとても良い感じで気に入ったけど、他の候補に挙げた店にもいつか行ってみたいなぁ、と思う気の多い管理人なのでした。

家に着いたら、先月にネットで注文した落款が届いておりホクホクだったりします。
「龍輝雅龍」4文字の落款。画数多くて面倒だろうな~と思いつつも注文。良い感じです、可愛いです。あぁ、文字萌!!
去年のデザインフェスタで今回とは別の方に「龍輝」の2文字で作って頂いたのですが、この方にもまた5月のデザインフェスタで作って頂こうと思っています。4文字と、本名の名字が欲しいかも。
サイトの絵にも使って行けたらと思います。
落款も、書画も、特に落款は自分で彫り、自分の作品に捺すのが「自分の作品である」という面で一番良いのだと思うのですが、人は自分ではない故に、どうその題材を料理するのかが出来上がるまで解らないのが面白い。その面白さについ頼んでしまうし、買ってしまうのですな。落款はいつか自分でも彫るべきだとは思うけども、今は人様に彫って頂くのが面白いので、暫くは自分で彫らなくていいやと思っています。
落款の他も、色々と楽しみなのですよデザインフェスタ。…むむ、5月は物入りだなぁ。


書き忘れていましたが、「ダ・ヴィンチ・コード」は結構前に読み終わり、その後「陰陽師」を2冊(「龍笛ノ巻」と「生成り姫」)読みました。
「ダ・ヴィンチ・コード」は、うん。面白かったです。
これ100年前とかに書いてたら殺されてたんじゃないか?とかいらぬ心配をしてしまいましたよ(笑)。読み終わった後、うんちく本とか好きなのでまた古代史の謎とか、そう言うの読みたくなりました。
「陰陽師」はね、なんかね、結局夢枕獏に戻るのか。と思わざるをえません。
好きだから仕方がない。
毎回、余韻の残る話なのですが、「生成り姫」はキた。電車の中で、どうして良いか解らなくなったですよ。私のキャラのラモンとか白鬼とか見るとお解りでしょうが、博雅が好きなのです。好きというか心酔とでもいうのか。彼の言動を読むと心が震えます。本当によい男だなぁ。
そんな博雅と徳子の話は、なんとも…哀しくて綺麗だった。萌えたな。切ないな。
作中、楽器の名器の音を表現しているけど、まさにこの作品がその名器の出す音の様な、その余韻を感じられる逸品でした。
よかったなぁ。

・・・寝よう。文がもう寝てる(苦笑)。
そういえば、いつ渋谷にオペラ座観に行こうかなぁ。会社のある駅が渋谷の隣の駅とはいえ、平日は無理だ。しかし、休日に出るのも面倒な…。まぁ、なにかのついでに渋谷に出る用事を作ろう(なんかおかしいな)。
コミュニティ検索 »
カレンダー
 
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
 

龍輝雅龍

Author:龍輝雅龍
男前スキー。
キン肉マン(拉麺男)をはじめ、様々なジャンルに日々妄想力発揮。
一言で言うならヘタレ。


感想・ツッコミお気軽に。

[運営サイト・荒吐鬼屋へ]運営サイト

ブログ内検索
 
カウンター
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。