FC2ブログ
映画 | 2007/04/08(日) 01:13
ダンスをふたりで

こんなシーンは映画にはないのですが、なんの映画か解って貰えるだろうか?
(無理)

映画2作、その原作2作を読み終わりました。
2作目は映画と原作ではラストが全然違うんですね!
映画のラストは、二人の関係とかが緊張感を保ったままだし、まだこの怪物が今後も何かやらかすだろうって思わせて終わるので、娯楽(映画)的にテンションが保たれたままなので良かったと思います。
原作は、思わず心の中で「うわーーーーーーーーーーーーーーーー!」って思った。
映画観た後で原作読んで良かった。(1作目のは原作から先に読んでしまって失敗したが)

映画、原作共に楽しめました。
ジェントル万歳。




さて、なんの映画の話かネタバレOK? ↓


羊たちの沈黙」「ハンニバル」の2作です。
すみません、絵全然似てなくて!!

実はこの有名にもほどがある作品を、ちゃんと観たことがなくてですね。
なぜかふと、原作を含めて観てみたくなったのです。
今年公開の「ハンニバル ライジング」の存在は、この時点でまったく頭になくて
映画のDVD借りる時にそう言えばなんか新作のこと書いてあったな、位の状態でした(どれだけ流行に疎いのかと)。ライジングはレクター博士の若い頃の話なんですな。駅とかで広告あったのに、「羊たちの沈黙」観るまで意識してなかったです;若いのに興味ないのか自分…(汗)

まぁ、そんな今更のような、丁度良い時期に上記の2作を鑑賞しまして、楽しんだわけでございます。
ホプキンスが難しくて、一度映画を見終わった後で挑戦してみたんだけど撃沈しましてね(笑)、特徴あるようでいて、描くとなると難しい。今回はもう、似てなくても気分でレクターだと思うことにして描きました。クラリスしかり。

クラリスといえば、映画「ハンニバル」では配役が変わってしまいましたが、やはりジョディー・フォスターがいいですね。原作読んでいる時、クラリスはフォスターで読んでいました。なので絵もフォスターのクラリスで(似ていないがな!)。
レクター博士もホプキンスのイメージが強くて、原作読んでいる時常に彼で読み進めているのですが、作中「ほっそりした」「痩身」という描写が出る度に、私の中の何かがつまずきます(笑)。つまずきます。

レクター博士の優雅な嗜好や紳士っぷり、頭の良さなどグっときますね。
クラリスに対する好意にもグッと来ますね。

映画の「ハンニバル」で最後の方に「君が走るのを見に来た」と言っていたんですが、がむしゃらに働く彼女の姿を「走る」と言っているのかなとおもい、まさかジョギングするクラリスを見に来たって訳じゃないだろうな!?とふと考えて焦ったのですが、
・・・・・・・・・・・・


みてたね。
みてた。

ジョギングするクラリスを双眼鏡で観てたよ、原作で。

もう どうしよう この変態!! その後の行動とか、もう!もう!!
まいりました。降参です。



「ハンニバル」はトマス・ハリスが映画「羊たちの沈黙」を観て、どうしても書きたくなっちゃった同人誌だ。と語っている方がいましたが、うん、そうなのかも(笑)。
私的には、すきです(笑)。人によってはチープになったと思う人もいるかもしれませんが、博士とクラリスの二人に関してはかなり好きです。レクターは救われたと思うよ。よかったよかった。
そして原作を読むと解るんですが、映画はきれいに話をレクター博士とクラリスに絞って作ってありますね。削れるところをバッサリ削ってあって、かつ、映画独自の博士とクラリスってのがある。上手くまとめたな、と思いました(メイスン側の登場人物やエピソードはカットしちゃっても全然問題なかったし。この辺原作のとっつきにくさを増しているんじゃないかとも思うし。物語の簡潔さ的には映画の方がスッキリしてていいかな。)。クラリスがレクター部屋に篭もっている間、ずっと自分と彼との会話を録音したテープを聴いている辺りとか、彼女の寝ている間に家に侵入して寝顔観ちゃうとか、私的に萌ポイントでした。
ラストは映画版も原作版もどちらも好きです。
映画観てから原作のラスト読むと、「これは同人誌か!?」って思うかもだ(笑)

ただ、映画版のラストは、あの後のクラリスが心配じゃないですか?
休職喰らっているのに行動を起こし、司法省観察次官補は殺され(前頭葉の大切さを教えてくれます)、レクターには逃げられる。
正直、彼女のFBI復帰は絶望的では…。

というわけで、龍輝個人的に上記2作は好きです。楽しめました。
(偉くグロいけど…)→実はグロイの苦手
コメント (7)
コミュニティ検索 »
コメント

こんにちは。
私は上のイラストを拝見して一目で分かってしまいましたv
映画は1作目も2作目も、グロ苦手なのに何度も観てしまって
おります。
なんというか、コワいのに魅力的な作品なんですよね。
まるであの博士のようにvv
原作はまだ読んだ事がないので、龍輝さんを見習って今度読んで
みようと思います。
とてもステキな雰囲気ある2人をありがとうございました!
2007/04/08(日) 16:27 glass URL [編集]

きゃっっ!!は  鼻血でるかと思っ  た!!GJ!
なんて罠仕掛けるんだ龍輝さん…ホプキンス氏とジョディーでこんなシーンが見たかったです。(どこまでもジョディー派なワタシ)
原作も読むと、映画では見えなかった色んな事が見えて面白いですよね。
でもさすがにハンニバルはちょっとグロい表現が多かったですね。R指定も納得。レクターの“鬼”の部分を出したというか…。あ!きっと、クラリスと離れてグレちゃったんですよ!!寂しかったんだ!(妄想~)
2007/04/09(月) 00:10 うにひろこ URL [編集]

>glassさん
こんにちは、コメントありがとうございます^^
なんと、一目でお解りになりましたか!?解って頂けて嬉しいです!
というか、この絵でわかって頂けるってビックリです。
そうなんですよね、グロい(コワイ)のに魅力的。博士の魅力もそこでしょうか。
原作「羊たち」は翻訳がイマイチ読みにくかったですが、映画にはない台詞などで重要なものも多く、知っておくと面白いと思います。「ハンニバル」の翻訳は読みにくいこともなく読めますが、こちらも映画同様、万人向けではないですね。ただ、映画との違いなど比較すると発見があって面白いんじゃないかと思います^^
読むと、この日記のアレも、あぁ、これなのか。と思って頂けるかも。

>うにさん
頑張ってリトライしました!(笑) GJ言って貰えて良かった~><
わたしもホプキンスとフォスターで「ハンニバル」観たかったですよ~。こんなシーン実際観てみたいですよね。
これは「映画があって、それをなぞって書かれた小説」ではないので、映画を観た後で原作を読むと補完も出来るし新たな発見があって面白かったですね。
映画のダイレクトに映像化されているグロシーンも(特にクレンドラーのアレ)相当「うぇっ」っとなりましたが、原作の描写もなかなかに細かいので、読みながら脳内映像化する時点で、気を付けないと気分が悪くなりそうでした(苦笑)
それにしても、博士は殺すことに対して何とも思ってないですよね。ものを必要に応じて動かすくらいの感覚で、こともなげにやってのける。
そんな人なのにクラリスに対しては、励ましの手紙を送ったり、寝顔観に行ったり窟プレゼントしたり抱き上げたり手術したり、ドレス着せたりしちゃうのが素敵すぎです。クレンドラーへの仕打ちもクラリスのため、クラリスへの無礼が許せなかったため。
この手紙好きが10年近くクラリスに手紙出さなかったというのも、我慢したんだなーと微笑ましいですな(笑)妄想イロイロできますが、もう作者が色んな事やってくれているので手の出しようがない作品かもw
2007/04/10(火) 01:58 龍輝雅龍 URL [編集]

絵を見たときもしやと思ったら・・・・

やっぱり、ハンニバル博士ですか!!!!私この作品大好きなのです!龍輝さんと同じで私もグロいのは苦手なのですが(ハンニバルはやばい)あの怪しい魅力に惹かれるんですよね~~。ハンニバル博士は貴族の方なので紳士なところが惹かれちゃいますw
実はハンニバルの撮影場所に2月に行ったのですよ(狙っていったわけではないが)なんか見たことある場所だな~って、そしたらハンニバル博士が刑事の人を首吊りにするところのシーンの場所でした(笑)一人で興奮しちゃいましたw。機会があれば、フィレンツェはいい所なので行ってみてください。
2007/04/18(水) 20:55 信 URL [編集]

>信さん

やっぱり、と言って頂けて嬉しいです。解って貰えて嬉しいなぁ
あの作品は独特の魅力のある作品ですよね。
ホプキンスの、少し小首をかしげた感じに相手を観る仕草が好きだったりします。
月末からは「ライジング」公開ですね。若い頃の博士、観に行かれますでしょうか?
また今まで博士の魅力とは違う、若い頃の魅力ってのがあるんでしょうね。
相変わらずグロそうですが(笑)

フィレンツェのあの場所に行かれたんですか。
あのシーンは衝撃的でしたが、フィレンツェ、いいですねー!
いつかヨーロッパや北欧など行ってみたいです。
2007/04/22(日) 16:08 龍輝雅龍 URL [編集]

「ライジング」見に行きたい気もするのですが、グロそうで・・・(笑)一人で見に行く勇気がないのです。
私はクラリスにウィンクするハンニバルが可愛いと思います~w
2007/04/24(火) 20:42 信 URL [編集]

>信さん

確かにグロそうです(笑)
あぁ、クラリスにウィンク!あれは最初ビックリしました。
なかなかの衝撃でした(笑)。可愛いですよね^^
2007/04/28(土) 21:41 龍輝雅龍 URL [編集]







非公開コメント
カレンダー
 
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
 

龍輝雅龍

Author:龍輝雅龍
男前スキー。
キン肉マン(拉麺男)をはじめ、様々なジャンルに日々妄想力発揮。
一言で言うならヘタレ。


感想・ツッコミお気軽に。

[運営サイト・荒吐鬼屋へ]運営サイト

ブログ内検索
 
カウンター